地元の大好きな百貨店が昨日で閉店した。

最初のCDを買ったのも
はじめてのジーンズを買ったのもここだった。

郊外のショッピングモールだったり
コンビニが便利になったり
いろいろな変化の果ての閉店なのだけれど

自分が大好きだったり、
どうしても残ってほしいと思う
モノ、コトにはしっかりお金を使っていかなければいけないと改めて思った。


それが人口が減っていく中で地元の大切なお店を残すことに微力かもしれないけどつながるからだ。

消費って、産業や街そのものへの
投票でもあるから。

そうしないと本当に残ってほしいものも
いつか無くなってしまうかもしれない。
そのことを強く思った。

だからこれからはできるだけ地元で映画見るし。
ヴァイナルもCDでもできるだけ地元で買うんだ。