Swiftで遊ぼう!の古い記事-> Life-LOG OtherSide

ポール先生の講義は続きます。

ArrayからDictionryの概要説明が終わると、Rangeの説明に進む。

RangeはStructure型の構造をとっている。

そして、知っていなければならないクラスを紹介している。

  1. NSObject
  1. NSNumber
  1. NSDate
  1. NSData

特に理解が必要なのはNSDateである。日付の取り扱いは国によって千差万別でちゃんと理解していないと使えないようですね。

今日はさらっと流して終了。